内紛

user-pic
0
さすが栄光の読売巨人軍。
明日から日本シリーズですが、主役の座は渡しません。
10年に一度事件が起こります。
清武代表の“告発”会見後に桃井オーナーの”清武告発”に対する反論会見が行われ「私の知らないところでああいう行動に出るということは逆にコンプライアンス上大問題である。」と声明。
清武代表は個人的な思いで、“天皇”に対して謀反を起こすような人物には見えないので、神輿に担がれて見事に梯子を外されたのか。それとも本当に単なる暴走だったのか。
世論は勇気ある行動と清武代表を評価するのか、トップ批判はもってのほか、と判断するのか。
告発された方に聞く耳があるようには見えませんが清武代表が就任以降、巨人という球団の体質は明らかに変わりましたので社会的に抹殺されないでいただきたい。
明日から日本シリーズなのに敢えて前日に敢行するあたり、個人的な思いで行ったとは思えずどうしても黒幕がいるのではないだろうか。という思いが捨てきれません。
今後の動向が気になります。

このブログ記事について

このページは、明治通り税理士法人が2011年11月11日 22:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東証と大証の合併が来秋に行われるらしい」です。

次のブログ記事は「みかんとオレンジは違う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ