法人減税5%決定!

user-pic
0

官直人首相が、
法人課税の実効税率を5%引き下げる事を決めたそうです。

税制関連法案を国会で通過させなければいけないので
正確には、まだ決定ではありませんが
九分九厘決定で間違いないでしょう。

5%引き下げるには、
1兆5千億円程度の財源が必要で
そのうちの5千億円程度は企業以外の負担で
確保する方向だそうです。

ほかに、
所得税の増税などで確保する見込みとの事。

法人税の減税は、
雇用の創出や設備投資等による
好景気を期待できる施策なので歓迎ですが、
所得税の大増税は、
その施策の足を引っ張るのでは?
と心配してしまいます。

官首相は
もう二度と消費税には手をつけないのでしょうか。

そろそろ、
消費税あげなきゃいけないんだろうな、
と、国民全体が気付き始めているのではないでしょうか。

官首相は、
順番を間違えただけという気がしますが。

今回は個人の高額所得者(年収1,500万円超の方)が対象の
増税という事ですが
対象者のモチベーションは下がりますよね。

その手前の所得者にしても
労働意欲は低下するのではないかと思います。

“そこだけ見て働いていない!”
とは言っても、
“稼いでも税金で消えちゃうんでしょ”
という気持ちは、芽生えますよね。

証券税制の優遇の延長も確実にされるでしょうから
個人の投資家がさらに増えるのかもしれませんね。


このブログ記事について

このページは、明治通り税理士法人が2010年12月15日 01:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近頃の歯医者さん」です。

次のブログ記事は「今年もがんばります」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ