寄付という文化

user-pic
0
 
アメリカの著名投資家ウォーレン・バフェット氏とマイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏が、米国の資産家たちに対し、財産の少なくとも半分を慈善事業に寄付するよう呼びかけています。
 これに対して、ゲイツ・バフェット両氏の顧問によると、米住宅建設大手KBホームの創業者などが、寄付に関する誓約に合意したとのことです。
  日本ではあまり聞かない類のニュースだと思いました。
 税制等の違いという難しい問題もあるとは思いますが、同じく格差社会に直面している日本には、寄付という文化がアメリカほどは根付いていないのかもしれません。

このブログ記事について

このページは、明治通り税理士法人が2010年6月24日 11:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国でのスト」です。

次のブログ記事は「ベスト16!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ