循環取引

user-pic
0
 老舗のワイン会社で循環取引が行われたようです。新聞によれば、同社は2007年から総額65億円の利益の架空計上を行っていたとのことです。取引先に架空で飼料の製造を委託したうえで、その飼料を養殖業者に帳簿上販売した格好にして売上高を計上していたとのことですが。
 帳簿上ということは、飼料はワイン会社を通らずに、製造者から養殖業者へ直接販売されているかのようにみせていた(いわゆる直送取引)ということでしょうか。
 うーん…。
 

このブログ記事について

このページは、明治通り税理士法人が2010年6月12日 10:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夜中のカップラーメン」です。

次のブログ記事は「日本代表勝ち点3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ