北京上海、ワンランク上の暮らしのための提案

user-pic
0

 また事務所のA氏と中国話で盛り上がった。
 北京オリンピック、上海万博について、衣食住を中心とした中国人の購買意識の変化まで想定すると、その経済効果はまだまだはかりしれないのかもしれない。
 北京、上海ともにイベントに合わせ、世界中から企業が集まり会場内外に飲食や衣料品の店舗を多数オープンさせている。これらが来場した中国人の購買意識を刺激し、従来の消費感覚を変化させれば、予想もしなかった消費文化が今後の中国、特に都市部では起きるのかもしれない。
 これについて、北京オリンピック、上海万博にイメージが重なるとしてよく引き合いにだされる1964年の東京オリンピック、1970年の大阪万博をきっかけに、日本では男性カジュアルウェアが飛ぶように売れるようになり、米国系のハンバーガーチェーン、ファミリーレストランが数多く出現するようになったという。
 おいしい食事、きれいな服、便利な家電……ワンランク上の暮らしのためのソフトウェア、これを分かりやすく提案できれば、中国でのビジネスチャンスはまだまだ開拓できるのかもしれない。
                                T
 
  

  

このブログ記事について

このページは、明治通り税理士法人が2010年4月23日 01:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンピック後の北京ってどうなってる?」です。

次のブログ記事は「NAVITIMEとぐるなび」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ