大戸屋

user-pic
0

大戸屋がタイで20店舗も展開しているらしい。
来店客の8割はタイ人が占める。
メニューは日本とほぼ同じにもかかわらず。
日本食の健康、安全のイメージがタイの富裕層にうけているようだ。
日本ブランドの強みをアジアで発揮するひとつのモデルであろう。
一億人の日本内需から二十億人のアジア内需がスタンダードになる時代もそう遠くはないのかもしれない。

このブログ記事について

このページは、明治通り税理士法人が2010年4月20日 00:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新年あけましておめでとうございます」です。

次のブログ記事は「上海万博」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ